上野のメンバーズバーRUSK(ラスク)に行ってみた

あなたはハプニングバーに行ったことはありますか?

筆者は、人から聞いたり、ネットで見たりして「そういうものがあるんだな~」くらいの認識でした。

なんか怖そうだし、知らない人と交わることに興味もなかったので、私には無縁のスポットだと思っていたのですが、先日、ノリと勢いで行ってしまったので、その体験をレポートしたいと思います。

ハプバー未経験者がRUSKに行ってみた!

ハプニングバーって今は「メンバーズバー」って呼ぶところが多いみたいですね。

負のイメージを払拭したいのでしょうか、でもまだ「ハプバー」の方が言葉としてはしっくり来る気がします。

今回私が行ってみたのは、上野にある『RUSK』ラスクというお店。

RUSKの入店から店内の様子まで紹介していきます。

お店までの行き方

お店のホームページには、住所は丁目までしか載っていません。

新規で来店の場合は、ホームページで指定してある地点からお店に電話して、詳しい場所を案内してもらいます。

私たちは最初、直接お店に行こうとしたのですが、指定の地点周辺をウロウロしてもそれらしき看板は見当たらず…。

結局電話したところ、すぐ近くのビルの某階に案内されました。

エレベーターと店の入り口前では、お客さんらしき男女数人と鉢合わせになりました。

前の人たちが入るのに続いて入店。

このときは知らなかったのですが、他のお客さんと同時に入店してはいけません。

入り口のインターホンを押して、『どうぞ』と言われたら入るんだそうです(>_<)

入店・会員登録

新規客はまず会員登録をします。

①身分証明書の提示

②注意書き・ルールへの同意、署名

③入会金と入場料の支払い

④会員証発行

⑤荷物を預ける

以上の順で淡々と進んでいきます。

入会金は男女ともに1,000円

女性は入会金以外かかりません。

男性のみの入場料は、

昼の部 8,000円
夜の部 12,000円(平日)
    15,000円(土・日・祝前・祝日)

カップルでの入場料は、

昼の部 5,000円 
夜の部 7,000円(平日・土・日・祝前・祝日)

フリータイム・フリードリンク(ビール・カクテル・フードなど除く)。

私が行った時はちょうどイベント日で、ビールやカクテルなども飲み放題でした♪

こちらが会員証。

RUSKを知らない人にとっては、ハプバーとは分からない仕様になっています。

カードに記入する名前は源氏名やニックネームでもOKです。

ルール説明

会員登録のときに、店員さんからお店のルール説明があります。

酔っぱらっていたので全部は覚えていないかもしれません。

●プレイルーム以外で脱いじゃいけない(下着までならOK)

●他のお客さんの迷惑にならないようにする

●店内にスマホを持って行かない(ロッカーかクロークに預ける)

●店内の撮影NG

●荷物の管理は自己責任で(心配ならクロークに預ける)

●店で会った人との連絡交換や外で会うことは禁止

●プレイルーム利用のときと退店のときはスタッフに声掛けする

●未成年・入れ墨・薬物・泥酔・暴力団関係者NG

だいたいこんな感じでした。

イベント日で激混み、ロッカーがもう空いていため、荷物をクロークに預けることに。

クロークも安全なのか正直不安でしたが、預けて正解でした。
フロアに荷物を持ち込んでいるお客さんはいなかったので。

そしていよいよ店内へ!

店内の様子は?みんなどうやって遊んでいるのか?

新規客には、スタッフが1人付いてフロア内を一通り案内してくれます。

プレイルームの使い方、オープンフロアでの過ごし方、お酒の注文の仕方なども教えてくれます。

イベント日など忙しい日はスタッフも丁寧に対応する余裕はなさそうなので、分からないことがあればこのときに聞いておくといいでしょう。

内観と設備は?

店内設備としては、

プレイルーム2つ
シャワールーム
カーテン付きの半個室3つ
フラットなオープンフロア
バーカウンター
ロッカー
男女別トイレ

といった感じでした。

赤と黒を基調としたアダルティな内装。

オープンフロアにはテーブル、背もたれ、クッションもありました。

うるさめのBGMで、周りの会話が気にならない程度。

半個室はカーテンを閉めてしまえばイチャイチャできそうな感じです。

*店内に時計はありません*

(トイレにはあったかも…うろ覚え)

腕時計をしていない人は、スマホを預けてしまうと時間が分からず終電を逃してしまう危険性も!

常連っぽいおじさんに時間を聞いたけど教えてくれませんでしたw

店員さんが忙しいいとなかなか時間を聞けないので、時計は持っておいた方がいいですよ。

お客さんはどうやって遊んでる?

私たちはバーカウンターでお酒を頼み、しばし周りを観察。

単独男性や新規っぽい人は、バーカウンター前で立ち飲みしながら様子を伺っている人が多かったです。

オープンフロアにはリピーターっぽいお客さんやカップルが座ってリラックスしている様子。

AVや体験談で見るような、どこかで何かがおっ始まっているというようなことはありませんでした。

コスプレや露出激しめな服を着た女の子も、エロイチャイチャというよりは、サバサバした様子でフランクに遊んでいる感じがしました。

男性が女の子に上半身脱がされて縛られて遊ばれていたりしましたね。

半個室のイチャイチャを覗こうとしているのか、廊下をウロウロしている大人しそうな女の子もいました。

イベントだから?いい意味で思ってたのと違った

ハプバーデビューの感想としては、

なんかネットで仕入れていた情報とはかけ離れたものだったな~!

という感じ。

経験者から

「そんなにいつもハプニングが起こってるわけじゃないよ。なにもない日もあるよ。」

というのは聞いていましたが、ここまで健全だったとは!
(私の健全の感覚が偏っているのかも知れないけど)

イベント日だったし、かなり混んでたし、時間が終電前だったから、というのもあるかもしれません。

とはいえ、ちゃっかりプレイルームに出入りしている男女も何人かいました。

危ない店じゃないということはよく分かったし、変なお客さんやヤバイ人もいなさそう。

イベントじゃない日とか、女性一人で入ったりとかしたらまた違った雰囲気を味わえるかもしれない…と期待が膨らみましたね♪